基本2年間の契約期間

基本2年間の契約期間


基本2年間の契約期間
"賃貸契約は2年間というのが基本となっています。
契約をした物件に2年間済み、再度契約を更新する場合には、家賃の一ヶ月分〜二ヶ月分を収める必要があります。

更新料というのは、法律に明記されているわけではありません。
あくまでも更新料は大家さんに支払うものですので、大家さんと直接交渉をすることで値下げをしてくれることもあります。

更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうと、その代行料として家賃の半月分を、大家さんが支払うのが一般的となっています。
不動産屋にとって定期的な収入となる更新料は、ビジネス展開をする上で欠かせないものとも言えるのです。"



基本2年間の契約期間ブログ:19-1-19

あたくしの実家は料理屋なのだが、
あたくしが小さい頃は、まだ芸者さんがたくさんいる時代で、
24時には、宴会によばれた芸者さん達がやってきていた。

芸者さん達は、お座敷以外でも、
時には艶やかに、時には気っ風よく、
その振る舞いは子供心に、かっこよく映ったものだった。

しかし、実際の芸者さんは華やかさだけではなく、
様々な悲哀をあわせもつ仕事だった。

そんな女性達の生き方を肌で感じながら、
あたくしは大きくなっていった。

この料理屋は、
あたくしの祖母が女手一つで築きあげたもので、
祖母は店を持つまでに、
本当に苦労を重ねて成功した人だったから、
たくましさ、力強さ、厳しさを持った女性だった。

若女将とよばれたあたくしの母親は、
繊細で気配りタイプだが、時に、
周りを引き込むほどの明るさを発揮する女性だった。

板前の父が後ろで支え、
店はまさに、女性達がまわしており、
こうした女性達に囲まれたあたくしにとっては、
女性が社会の中心であると思って育った。

けれど、華やかに見える料理屋には、
様々な苦労があり、創始者の祖母はもちろん、
も、店での元気さと対照的に、
母親嫁ぎ先である我が家の嫁として大変な苦労をしていた。
父は、そうした中を静かに守る立場を取らざるを得なかった。

一方、我が家は、
日本ではとてもオーソドックスな仏教の家で、
あたくしは祖母から、それをベースに様々なことを教わったのだが、
特に言われたのは「人はみんな平等である」というものだった。

祖母自身が我が家の中で平等を実践できていたかといえば、
それは教えと矛盾したことも多かったけれど、
祖母はそれを公私ともに宣言し、
できうる範囲で実践しようと務めていた。
それは、あたくしに大きな影響を与えた。

今日は、ここまで。
基本2年間の契約期間

基本2年間の契約期間

★メニュー

賃貸物件には敷金が当たり前
無駄では無い!?礼金の使われ方
基本2年間の契約期間
大手不動産屋の利点と欠点
フランチャイズ不動産屋は情報伝達が遅い
掘り出し物件を探すなら地域密着型の不動産屋
自分の希望を不動産屋に伝える
家賃の上限を変えるのは最終手段
窓などの方角は自分の目でチェック
防音設備の影響で届かない携帯電話の電波


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)隠れ家的存在の賃貸情報