賃貸物件には敷金が当たり前

賃貸物件には敷金が当たり前


賃貸物件には敷金が当たり前
"敷金とは貴方が管理者である大家さんに預けておくお金となります。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分や部屋の修復費として使用されます。

敷金は決して紹介してもらった不動産屋に支払うものではありません。
資金を不動産屋に対して支払っているかと思いますが、不動産屋から大家さんに後で渡されています。

民法で敷金とは、借り手の債務を担保するために、貸し手に渡すものとされています。
決められていることなので拒否をすることは出来ませんが、最近では資金ゼロの物件も多く出てきています。"



賃貸物件には敷金が当たり前ブログ:07-9-19

私がいつも心がけている
意外な減量法を紹介します。

それは
「コンビニのない道を通る」という心がけです。

減量を成功させたいなら、
道を選ぶべきだと思うんですよね。

なぜ道を選ぶべきかというと、
コンビニが視界に入ると、ついつい入ってしまうからです。

明るい店内に、窓際にはさまざまな雑誌が置かれ、
人が立ち読みをしている姿などが目に入ると、
気になって引き寄せられて入ってしまいます。

一度、店内に入ってしまうと、
腹が減っていなくても余分な物を買ってしまいがち…

おいしそうなおやつがずらりと並んだコンビニから
何も買わずに抜け出すのは、至難の業です。

私は誘惑に弱いので、特に辛いんです!

できるだけおやつは買わないと心がけている私ですが、
それでも一度視界に入ると気になり始めて、振り切るのに苦労します。

振り切ることができても
「あのおやつ、おいしそうだったなあ」「食べたかったなあ」
という心労を増やしてしまい、余計に疲れてしまうのです。

そこで私は考えたのです。
そもそもコンビニのない道を通ってしまえばいいんだ!
視界にさえ入らなければ誘惑されることもない!

もちろんコンビニを通らない道を選ぼうとすると、
ほとんどの場合、遠回りの道になることでしょう。

しかし、その遠回りも「いいトレーニングになる」と
前向きに考えればいいのです。

このように考えると、コンビニエのない道こそ、
減量成功への道なんじゃないでしょうか?

無用なカロリー摂取をしないための
ちょっとした心がけかもしれませんが、
意思の弱い私のような人には、
お勧めの減量法だと思います。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)
賃貸物件には敷金が当たり前

賃貸物件には敷金が当たり前

★メニュー

賃貸物件には敷金が当たり前
無駄では無い!?礼金の使われ方
基本2年間の契約期間
大手不動産屋の利点と欠点
フランチャイズ不動産屋は情報伝達が遅い
掘り出し物件を探すなら地域密着型の不動産屋
自分の希望を不動産屋に伝える
家賃の上限を変えるのは最終手段
窓などの方角は自分の目でチェック
防音設備の影響で届かない携帯電話の電波


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)隠れ家的存在の賃貸情報